鍼灸ってどうして効くのですか?

 

鍼は人体の瘢痕治療過程を利用

 

ひとの身体は、外側から傷つけられた場合、

そこを修復しようと頑張ります。

切り傷を負ってしまっても数日で傷は治りますよね?

 

傷がきれいに治る過程、

 

それらを体の『治癒能力』といい、

人に備わった回復能力のことを指すのです。

 

更に、人間は鋭利なもので綺麗に切れた傷を

綺麗に治すことができる能力を持っています。

 

コピー用紙で指を切った際、とても痛いですがその傷は綺麗に治った,という経験はありませんか?

反対に砂利道で転んでしまって、不規則に傷ついた傷は綺麗に治すことができません。

 

鋭利な鍼で、わざと生態に傷をつけることで、

この治癒能力を使い、傷ついた組織を治させること。

 

簡単に言うとこれが鍼の作用です。

 

 

 

傷を治す際には身体の様々な細胞達が働いてくれます。

 

マクロファージ、線維芽細胞、白血球・・・

 

そうした沢山の細胞たちが働くことで傷ついた箇所を修復します。

 

 

 

美容鍼では、ここで出てくる『線維芽細胞』に

沢山働いてもらうことで、肌を細胞レベルから

美しく保つのです。

 

線維芽細胞は、お肌に欠かせないコラーゲンや

エラスチンを作り出している重要な細胞です。

 

加齢と共に、彼らの働きが鈍くなり、

 

20代のコラーゲン生成能力を100とすると

 

40代では40%まで半減し、正常とされる28日周期の

ターンオーバーは40日になるといわれています。

 

 

 

鍼を刺し、線維芽細胞に働いてもらい、

コラーゲンやエラスチンを作る能力を

思い出してもらう。

 

鍼をさすことは、細胞たちに本来の力を

取り戻してもらうために唯一施すことができる

医療行為なのです。

鍼による内出血について

 

美容鍼をする上で内出血をすることがあります。

体のどこにでもできますし、どんな手腕の資格者

でも起こり得るものです。

 

鍼による出血や内出血は、東洋医学では

 

《瘀血/おけつ》と呼び、身体にとって不要な血と

考えるため、身体からそれらが出ていくと

新たな血液が作られて、体内の血の巡りを

よくするものだと考えられています。

 

同じ人でも、季節や体調により内出血のリスクは

変化しますので、毎度同じではありません。

 

できた場合でも10日〜3週間ほどで修復され、

とても綺麗に元どおりになりますので、

ご安心ください。

 

ただしお顔の内出血の場合は、審美的なものに

関わります。そのため、細心の注意を払って施術

致しますが、結婚式の前撮りや大切な日の直前で

鍼治療は当治療院ではお勧め致しておりません。

 

治療前のカウンセリングでしっかり説明させて

いただきますので、ご納得いただいた上で施術を

お受けいただきますようお願い申し上げます。